日本と違う負債回収のルール

“クレジットカードを所有する人にとっても、破産局は恐れられている存在です。特に自動車ローンの破産宣告は、マレーシアでは若年層に浸透しており、主に25歳以下の若者にその傾向が集中しています。経済発展が著しい時代とは違い、それぞれのライフスタイルにもある一定の「差」が生まれていくようなことも巻き起こっているのです。負債回収に勤しむ営業マンの心情にも時折気にかけていけば、自動車ローンにおける概要を理解していく部分も十分可能になっていくわけです。
その一方でビジネスチャンスとしてローンプランをアドバイスする人にとっては、マレーシアの現状は前向きに検討できる材料になっています。住宅ローンよりも自動車ローンでの破綻が多いというデータも出ているため、こういった人を救いながらビジネスができるという内容は、非常に魅力的な部分があるのです。また不利な情報が残されている場合は、負債回収にも手間がかかっていく傾向があるので、この辺りは日本とマレーシアで大きく異なっていくポイントになるわけです。クレジットカード決済の限界を感じて、現金収入も滞るようになれば、まずは自己破産に詳しい人のアドバイスを請うような行動を起こしていくことが賢明な判断になっていくのです。莫大な借金を抱える前に、中長期的なプランで返済がきちんとできるような方針を上手く出していく部分もこれからの時代は大きなポイントになるわけです。日本と違うルールは、確かに存在しています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です