自己破産の25%が自動車ローンによる破産

国内では自己破産をする人はいろんな理由があるもので、自動車ローンが理由で破産となる人は意外と少ないものですが、マレーシアの場合は自己破産者の全体の0.25の人たち、つまり全体の4分の1の人は自動車ローンが原因で破産をしているという現状があります。これは結構驚くべき数字であり、国内の感覚からすると住宅ローンならありえるという感じがしますが、自動車ローンの場合は高級車を購入しない限りはそれほど返済が苦しくなることもありませんし、そもそも返済能力から審査で判断されるので、破産する可能性があるひとへの融資は基本的に不合格となることが多いので、こうしたことを考えると本当に驚きな現状だといえます。こうした現状の理由はいくつかのことが考えられます。まず、自動車ローンの審査は疑うべきポイントの一つと言えます。審査が極端に甘く、合格の基準が低くなりますと誰でも簡単にローンを組むことが出来てしまうので、上記のような結果に繋がりやすいことが言えます。この審査というのは単にお金を借りたい人が借りることができるかどうかという意味合いだけではなく、身の丈に合った融資という意味でも非常に重要な意味合いがあります。他の理由としては経済的に収入が低い、自動車ローンの金利が高いなど、いくつかの原因が考えられるものです。もし、マレーシアへ移住するなどしてそこで自動車ローンを活用することがあるなら、上記のことは知っておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です